「古都の呉服屋」セント オブ ジャバン

特別展「インカ帝国展・マチュピチュ『発見』100年」

e0113504_12264457.jpg

e0113504_12264471.jpg

仙台市青葉区の市博物館へ行って来ました。
**********
◆インカの謎がやって来る。
◆15〜16世紀に、南米のアンデス地域で繁栄したインカ帝国、
 その全容を紹介する特別展。約160点の多くが日本初公開。
◆マチュピチュを3Dで完全再現!
 3Dスカイビューシアターで、天空都市を風に乗って旅しよう。
◆スペインによるインカ征服後、400年近く人目に触れずに守られてきた。
 1911年7月24日に米国の歴史学者ハイラム・ビンガムが地元住民から「空中の街」の
 話を聞き、 山を登って放棄された都市を発見した。
◆“空中都市マチュピチュ”は一体誰が何のために建設したのか。
 遺物から500年前のマチュピチュの実態に迫る。
********************
以上〜パンフレット&河北新報より〜

実は私、海外で行きたい所の1つがマチュピチュなんです。
数年前、関西在住のマチュピチュ研究者?大学教授のお話しを映像観ながら友人達と伺ったことがありまして…その時以来、マチュピチュの不思議に惹かれてますの。

娘一家は不在、私は留守番、
狭い部屋を丁寧に隅々まで掃除したあとは・・・、
暇をもて余してます。暇は慣れてませぬ!
こんなことがあっていいのかいな!?
困ります(笑)

そうそう、観光案内所のポスターで見た特別展にやっぱり行こうと思いました。

仙台駅前からバスで180円、すぐでした。
バス停でお会いした綺麗なご婦人が「私も博物館に参りますからご案内しますよ」と、
80才前らしいがそんな年令には見えない素敵な方と入口までご一緒しました。
仙台のあれこれ見所をご親切に教えて下さいました。

文字を持たなかったインカ帝国の人達、
情報の記録として使われたと見られる縄?紐状のキープという物も、
織物も木製の器も金製の宗教的な道具も…どれもが素晴らしくて見入りました。
e0113504_1226442.jpg

博物館周辺は、広瀬川が流れ、フィギュアスケート発祥の池や、お茶室や〜
緑豊かです。杜の都仙台ですものね。
雨上がりの緑が美しくて携帯で写真を撮ってますと、
桜も新緑も紅葉もキレイで年中ここを散歩してます。…と、柴犬とおばあちゃま。
e0113504_12264454.jpg

こちらの方々は見ず知らずの者にも皆さんがやさしいなと、ほのぼの嬉しくなり、
博物館をあとにしてバスで青葉通りに出ました。

秋田のいぶりたくあん、いぶりがっこ?でしたかね?、
これらを一番町で買って仙石線に乗りました。
今日は、マチュピチュを体験し、よく歩いて満足の半日でした。

たかこ(^^
[PR]
by taaachan-55 | 2012-07-26 12:26 | 旅 お出かけ