「古都の呉服屋」セント オブ ジャバン

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

  まさか・ですが・・・楽しんでます

    パソコンもままならない私が、ブログを始めたのは先月、1月中旬でした。
    2週間経って、ブログランキングも登録しました。
 
    ランキングなんて・・・誰も見てくれないでしょ、
    おこがましい、恥ずかしいと思いつつの登録でした。
    一方で、おもしろそうというのも少しはありつつ・・・でしたが。

    ところが、あれよあれよという間に、ランキングは急上昇。
    なんとなんと、瞬く間に10位以内になり、今は15位内をウロウロしてます。

    読んで下さってる皆様、
    そして、ランキングにワンクリック、投票して下さる皆様、
    本当に本当にありがとうごさいます。
    更に、コメント下さる皆様、ありがとうごさいます。
    とっても励みになります。
    お顔も見えない貴方に感謝致してます。

    自己満足でもいいわ と思って始めたブログは、もう私だけのものでなくなりました。
    読んでくださる皆様に支えて頂いてます。嬉しいことです。

    書くことも苦手、書く話題もそんなにないし・・・
    たいしておもしろくないし、つまんない文章だし・・・
    なにせ 古くてつたない女です。
    文才ゼロですから、
    ブログは、他人さまのを読ませて頂ければ充分と思っていました。

    そ そんな私が、何故に、今こうして「書く」楽しさ おもしろさを感じているのでしょうか。

    そのきっかけは、ずばり、
    「話す 聞く 書く」30倍上達法という講座に参加したからです。

    この「コミニュケーション上達法」講座については、すでにブログで書いてますので
    2月13日の記事もご覧下さい。

    12月に、一日コースに参加しました。
    未だに20世紀型の時代遅れのコミニュケーションを取っている私に気が付きました。

    それで、年明け早々、心機一転、勇気を出して「書く」にチャレンジ、
    それにはブログでしょ!! ブログしかないでしょ!!
    立ち上げましたよ、ブログ。この年齢でブログ。パソコン音痴でブログ。

    21世紀は、自ら発信していく時代ということも教わりました。
    2月のコースでは「書く」コツも教わりました。
    どんなキャラクターで書くのか・・・イメージする、描くことが大事なんですね。
    キャラクターが明確だと→ ①書く文章がいきいきしてくる、更に
                     ②書くスピードも速くなります、そして
                     ③生き方・・・つまり日々の生活がはっきりする
    ということが、実習を通して、体験して分かりましたよ。

    ただ、分かったからと言っても、私の文章がいきなり上達したとは???
    この様に相変わらず稚拙なもので、お恥ずかしい限りでありますが・・・
    少なくとも、「書く」楽しさは実感しています。
    まさかですが、この私が「書く」を楽しんでいます。

    書く 書く 書く・・・書いて発信する時代。
    ホームページ ブログ ミクシイ・・・全て書くことからです。

    書く、そして発信することで、
    人生の巾が広がります。
    豊かさが広がります。
    人と繋がります。
    さまざまな繋がりが生まれます。
    自分自身が整理出来ます。

    学んだ事を活かしていけば、可能性が一杯一杯!!
    おかげさまで、おもしろくてワクワクの毎日ですぅ☆☆☆
    自分に共感して下さる方々が、世の中にいてくれるって・・・ウキウキしませんか。
    それには、先ず自らが書いて発信しなくちゃあ!!です。

    今では、私に書く楽しさを きっかけをつくってくれた講座に感謝してます。

    詳しくは ⇒「キャラクター完成法」 書く作業30倍上達法 http://masami55.com
    こちらでご覧ください。
    ご参考になれば嬉しいなあと思いましたので・・・ありがとうの気持ちと共に・・・

   たかこ
[PR]
by taaachan-55 | 2007-02-26 22:25 | 日記 | Comments(6)

   元気もらってます

    つい先日、孫の誕生日でした。

     4歳になりました。男の子です。車(ミニカー)が大好きです。
     トミカの車関係の玩具 ナイキのトレーナー 折り紙 古都のお菓子 に、
     カードを添えて、誕生日に届くよう送りました。

     その夜、「もしもし、ああ、たーちゃん Kですっ」 電話がありました。
      「Kくん、4歳になったね お誕生日おめでとう!!」
     「プレゼントありがと、ぼく トミカの洗車の もってんだ」
      「あ そう 持ってたんだね。たーちゃん知らないからごめんね」
     「うぅーん、ちがうよ もってなかったんだ。お昼に○○ちゃん(弟1歳)と遊んだよ」
      「持ってなかったらよかったね」
     「うん ありがと たーちゃん。 もらったお洋服も着てんだ」
      「(サイズ)丁度よかった?」
     「うん よかった」

     電話口で、ハッピーバースディ♪♪歌ってくれました♪♪

      「上手上手、すごいすごい!!上手なのでたーちゃんびっくりしたよ」
     パチパチ拍手しました。
     続いて、幼稚園で習ったと思われる聞いたこともない歌を歌ってくれました。

     「幼稚園にうさぎさんいるんだ、耳の中は赤くってぇ耳の後ろは白いんだ。
     こことぉーここのぉー手と足も白いんだ」 と言いながら、どうやら、自分の手と足を
     触っている様子でした。

     「ぼくの幼稚園、近いんだよ。こう行ってぇ、こう行ってぇ、こう行くと近いんだ」
     これ又、指で方向を指し示している様子でした。

     「ケーキ、ママが・・おかあさんが買ってくれたんだ」
     「ママは・・おかあさんは、晩御飯 何にしようかなぁっていつもいうんだよ」

     【ママ】と言って【おかあさん】と言い換えたり、孫なりによそいき会話の
     つもりなのでしょうか。

     ホントいじらしいです。あどけない口調がかわいくてたまりません。

     そして突然に
     「たーちゃん、一人でしょ」
     「あした、幼稚園お休みだから、たーちゃんのお家にトミカ(ミニカー)一杯
     もっていくよ」
      「ありがとう、でもね遠いんだよ。新幹線に乗らないと来れないんだよ」
     「ふーん そうかぁ・・・じゃあ パパがお休みのとき、パパの車で行くから
     たーちゃんトミカで遊ぼうねっ」

     こんな会話が続きました。
     まだ言葉がはっきりしない所もあるけど、誕生日という特別な日の高揚感からか、
     早口で一生懸命次々と話してくれました。
     4歳なりに私を気遣ってくれてます。

     つい最近聞きましたが、言語学上で大人といえば3歳からだそうです。
     自分を獲得し、言葉を持ち、自分と他人(環境)との区別が出来るのが3歳だからと。
     一連の孫の会話を聞いていて、なるほどと思いました。


     途中、胸が一杯になり、言葉に詰まる私でした。
     目頭が熱くなりました。


     4歳になったばかりの孫に 元気もらってます。


     きっと、この子の父親である私の息子も同じでしょう。
     母親のTちゃんも、育児家事に疲れていても、二人の幼子にどれ程パワー
     もらっていることでしょう。

     このかわいい盛りに、4歳位までに、子は一生分の親孝行をしている・・・・・
     とか、言いますものね。

     純粋無垢な孫、汚れのない孫・・・どうかどうか このまま元気ですくすく
     成長して欲しいと何かに祈る気持ちです。


     この夜、孫の夢を見ました。
     それほど、孫との会話に いとおしさを感じたのでしょう。

     翌日、娘にこの孫の話をしました。
     娘も「かわいいなぁ フフフ」笑ってました。


     TVニュースキャスターの某氏(70歳位)の話です。
     年に1回の同級会、そこでの会話で禁止事項が2つあるそうです。
     1つは 孫の話題、あと1つは 病気の話題。
     つまり、誰でも孫はかわいいから、孫自慢はよしましょう。
     70代にもなれば、何かしらの病気(腰痛や白内障や生活習慣病など)は
     かかえているもの、病気の話は、きりがないということでしょうか。
     故に、この2つの話題はご法度となっているそうです。
     ごもっともですね。

     しかし、私、孫のこと書いちゃいましたぁ・・・
     読んで下さった方、ありがとうごさいます。

    たかこ 
         
[PR]
by taaachan-55 | 2007-02-23 00:13 | 日記 | Comments(5)

  凛とした美しさ

     古都在住のある陶芸家の先生の個展、大丸美術画廊へ行って参りました。

      この先生ご夫妻様には、あることから3年程前にお出会いしました。
      60歳を少し出られた、物腰のやわらかい、気品あふれる素敵なご夫妻様です。
      奥様は、先生の創作生活を陰で支えておられる心細やかな方です。

      この間、何度か作品を拝見させて頂く機会がありました。
      毎回、先生から陶展のご案内をいただきます。
      こちらが恐縮する程、心のこもった一筆を添えて下さいます。
      達筆でしかも毛筆でのご案内です。

      「人が作をつくり
      作がその人の心をつくる。
      念ずれば花ひらくの思いで今日までやって参りました。
      今年で作陶45年を迎えます。・・・・・」

      今回のごあいさつ文の書き出しです。

      国際的にも高名な陶芸家でいらっしゃいます。
      私は、この先生ご夫妻をとても尊敬申し上げています。
      人としても、陶芸家としても・・・
      作品が素晴らしい、格調高いのは申し上げるまでもありません。
      美術のこと、陶芸のことは不調法な私ですが・・・
      本物は多少なりとも分かるつもりです。

     
      おもに 「椿」 「牡丹」 「カトレア」 を描かれます。
      群青色 白色・・・なんとも表現しがたい美しさです。
      飾壺 飾瓶 香炉 茶碗 水滴 額陶 ・・・
      
      こんなにも惹かれた陶芸品ははじめてでした。
      ただただ、佇んで見入ってしまいます。
      お値段的に私には手が届きませんが、もし余裕があれば
      是非一つは と思うものであります。

      作品を前に、醜い自分が恥ずかしくなります。

      凛としてます。
      気高いです。
      澄んでいます。清々しいです。心が癒されます。
      じっーと何分も拝見していても飽きません。
      命の尊さを感じます。
      先生の魂を感じます。

      自分が澄んでないと クリーンでないと、作品に対して失礼だと思いました。
      俗にまみれた私を恥じました。

      「僕の作品を欲しいと待って下さる方々に、いい加減な気持ちでは創れません。
      命がけです。」
      命をかけて作陶されてます。
      命を削る思いで、個展の前は夜も休まずに創作されます。
      「昨夜も朝方まででした。でも、おかげさまで疲れも感じません」
      静かなおだやかな口調でおっしゃいます。

 
      帰り際、奥様からお茶券を頂戴しました。
      大丸の喫茶室でピアノ曲を聴きながら、紅茶をいただきました。

      しばし、豊穣な凛とした美しいものを拝見して、幸せな気分に浸りました。
      心が洗われる思い・・・ご一緒したSさんも私も、言葉もありませんでした。

      良い物 良い方とのお出会い・・・人生の豊かさです。

      「本日は、ありがとうごさいました」
      元気とやさしさを頂きました。
      私は ふんわり ほんのり はんなり 何とも云えない温かい気持ちで
      満たされました。

      先生のご健康を念じつつ、夕暮れの街中 大丸をあとにしました。

    たかこ       
[PR]
by taaachan-55 | 2007-02-18 19:51 | 日記 | Comments(8)

コミニュケーション

     立春も過ぎ 春近しのこの三連休、皆様はどう過ごされましたか?

 
     私は、時間とお金を自分に投資して、11~12日 2日間東京で勉強してまいりました。
     この年齢になってまだお勉強?・・・呉服のこと?・・・いえいえ・・・「コミニュケーションの
     上達法」の勉強です。

     コミニュケーションといえば 人との関わり方、 つまり 日々の暮らしに欠かせない
     「話す 聞く 書く」の基本3法が30倍上達するという授業です。
     この3法の効果的なやり方を教えてくれるというのですから、思い切って自分に投資 
     しましたよ。
     その結果は「最高!!良かったです」  投資して元を取りましたです。ハイ。
     これは 日常の仕事や家庭や友人・・・などの間で 即 日々実践して活かせると実感
     しましたよ。
     「話す 聞く」のリズムの取り方 息の合うやり方・・・「書く」の起承転結など等・・・  
     まあ 楽しくて面白くて、ためになる2日間でした。

     主催は東京のあるパソコン塾です。
     何でまた パソコン塾?かとお思いになるでしょう?
     パソコンを教える先生方も、その術 スキルは会得されていても、生徒さんに分かる
     ように伝達するには「コミニュケーションの力」が大事、という発想からだそうです。
     それは うなずけますとして。。。

     一昨日、早朝の新幹線のぞみに乗車しました。どんな授業か期待と少しの不安を
     抱えて・・・・・友人のみっちゃんと二人です。

     会場に着いて、受付を済ませて さあいよいよ10:00スタート。
     緊張感と期待感でワクワクドキドキ。
     ところがところが  これが又楽しいのであります。
     アッという間に 授業は進み、すぐに中昼のお弁当、お昼休み。
     
     参加されている皆さんは、遠くは北は新潟 西は広島 はたまた日立市や栃木や関西
     方面からも、もちろん都内近郊の方が多いですが、老若男女さまざまです。
     70歳すぎのおばさま 私と同じ団塊の世代の方 20代のうら若き女性 ・・・でも
     30~40代働き盛りの男女が大半を占めてはいましたが。

     そんな方々と、お弁当いただきながら 話は盛り上がり お昼休みも瞬く間に過ぎ
     ました。 皆さん、いい笑顔キラキラ輝いた目で、まさに学ぶ事の楽しさを体中から
     出しておられる感じでした。

     夕方5:00すぎに一日目終了。普段使わない脳を思い切り使ったからでしょうか・・・
     体はそんなに動かしてないのに・・・「そんなに」・・・そうです。机を前に椅子にじっと
     座ってひたすらレクチャーを聞く授業ではありません。多少、身体を動かして自ら
     参加型の授業でした。ですから実習もありました。
     そんな訳で おなかペコペコです。みんなでご一緒に夕食をと瞬時に決定、
     板橋の とびっきりお勧めの中国料理屋さんをご存知の方が すぐに予約して
     下さいました。タクシーに分乗して 25・6人が直行。
     どれもこれも超美味しいのです。中でも黒酢豚は絶品、人生初のメニューも完食。
     食事中も、本日の授業を振り返り、ワイワイうるさい程です。
     今朝、出会った方々と、数時間後にはこんなにも和気あいあい・・・なんだか幸せな
     気分になりました。
     コミニュケーションは時間 量ではなく質なんだと よく言いますが、まざまざと
     目の前で体験したひとときでした。
 
     それから又、皆さんで近くのお店へお茶に、 ここでもまだまだ授業の余韻で、口々に
     どうだった こうだつたと感想を話すこと話すこと・・・思いは尽きないのですね。

     その夜は、マナミちゃんと友人宅に泊めて頂きました。
     友人といっても・・・これが30代40代の男性二人、昔から親しくさせて頂いてる仲間。
     男所帯だから、殺風景な部屋かと思いきや・・・整然と整理されたきれいでおしゃれな
     お部屋にびっくりでしたが・・・・・またまた夜中1時過ぎまで話に花が咲きました。

     そして2日目、今日はどんな事やるのか、もう期待しちゃいますよ。
     なんせ、講師は、元新聞記者で、ベストセラーの作家でもあり、ファミリーコンサート
     まで演出しちゃう多才な方です。枠のない自由人 破天荒な方ですよって。
     まさに、もと敏腕記者さんですから、「聞く」つまり取材においても天才的な方です。
     経済の本でベストセラーの作家さんですから、「書く」においても秀逸な方です。
     人を惹きつける話し方も魅力的、ついつい聞き入ります。

     一杯一杯 「聞く」をやり 「話す」をやり 「書く」をやる・・・そんな実践型の授業でした。

     「私は書くより話す方が得意」と、ヤッちゃん。
     「私は話すことはちょつとねぇ、書くことの方が好き」と、ジンさん。
     肝心の私は・・・というと、書くことも話すことも自信ないなぁと、ちょつぴり凹む気持に
     なりました。が、「ま、いいや」「これが今の私だわ」と あっけらかん!!楽しくて
     たまりません。
     「話す行き先」が明確でなかったから、ただのおしゃべりに終わっていた事も気が
     付きました。
  
     自分の個性 魅力 キャラクターをしっかり掴んで認識できて なるほどなるほどと
     妙に納得できた2日間でした。

     とにかく、受身の授業、つまりはレクチャーを聞くだけではないのです。実際に色々な
     実習を通して体験するからこそ、身に付く実感がありました。

     21世紀は、個の時代 キャラの時代 個人が発信する時代 書くことが大切(書く
     ことイコールその人のキャラ)と教わりました。・・・・・ともあれ、こうしてブログで発信
     してる私です。


     ところで、前回のブログに書きましたフリーダイヤルの話、それを聞いた講演の
     講師は日テレ系のアナウンサー、辛坊治郎(?)氏でした。彼も又、これからは
     個人個人の時代、伝達する手段の「話すこと 聞くこと 書くこと」が大事 
     あふれる情報を聞いて判断する力が大事・・・・云々、と、
     今回の授業と同じようなこと話されました。

     時代を読む力のある方 時代の先を行ってる方々は同じ事を感じておられるんですね。

     帰りの のぞみは、京都から参加された 小料理屋のマナミちゃん 歯科の先生
     広島からいらしたTV局勤務のリカさん 私の四人でした。車中、駅弁食べながら
     またまた、参加してよかった、とか 
     コミニュケーションについて、話が盛り上がったのは言うまでもありません。
     一緒に行ったみっちゃんは、夜行バス利用で別になりましたが。

    今回、参加されていた皆さん、お世話様になりました。ありがとうごさいます。
     又、どこかでお目にかかれたら嬉しいです。
     

     それにそれに ビックニュース!!
     東京で、すでに3回開催しているこの「コミニュケーションコース」 あまりに好評
     なので、何と 京都でも初めて開催されます。
     3月17日(土)18日(日)の二日間です。
     実践型の授業、参加費もお手頃ですし、参加したもの勝ちです。
     絶対おすすめですよ。勿論私もまた参加します。私の友人も知人も沢山参加
     されます。楽しみ!!

     もう あらたに芽吹く春はすぐそこ、私のコミニュケーションも意識してあらたに
     スタートです。いよいよ春です。

   たかこ

 
 

            
         
      
[PR]
by taaachan-55 | 2007-02-13 16:50 | 日記 | Comments(9)

どにもこにも動きません・・・

   先週のこと、一日おきに二日、パソコンがどにもこにも作動しなくなりました。
     
     ×をクリックしようが何しようがインターネットの画面はビクとも動きません。
     パソコン音痴の私は、こわごわ あちこちクリックするのですが全く動きません。
     わぁっ・・・どうしよう・・・どないしたらいいの・・・オロオロ・・・パニック・・・
     誰か どなたか助けて・・・心の悲鳴です。へんな所クリックして、データが削除
     されたらどうしよう!!恐くなりました。

     とりあえず、娘に電話しました。強制終了してみたらというので、電源を切り、
     しばらく経ってスイッチオン、しかし同様のまま・・・・・
     パソコンに超詳しいシュウちゃん トオルちゃんのお顔が浮かびました。
     パソコン教室の先生のお顔も浮かびました。
     でも、皆さんお忙しくされているのに、お手煩わしては申し訳ないし・・・・・
     どうしよう どうしよう  落ち着いて 落ち着いて と思いますが、ヒヤヒヤドキドキ
     不安ばかり。
     その時、机の上のNTT西日本の封書が目に留まりました。
     開けてよくよく見ますと「故障に関するフリーダイヤル 24時間受付」の文字が。
     そうだわ、ここここ!ダイヤルしました。

     「回線IDはわかりますか?」
     「四角いボックスが二つありますね。その一つ、網目の箱のランプは4ケ光って
     ますか?もう一つのはどこが点滅してますか?」等など
     「一度黒いコードを抜いて5分して再び差し込んで下さい。その頃に再度電話
     します」

     中年の男性のお声でした。それはそれは丁寧に 私みたいな機械音痴にも
     分かりやすいように親切に教えて下さいました。
      
     そして5分後、パソコン画面は無事×をクリック、再起動してインターネットを見る
     ことが出来ました。
     パソコン本体には故障がなくて、ホンマによかったぁ、やれやれ一安心と思いました。

     それから翌々日、また又同じトラブル、全くインターネットに繋がらないのです。
     早速、例のフリーダイヤルに・・・偶然でしょうか。一昨日と同じお声の方です。
     先方も覚えておられて、一つ一つどのキーを押して下さい。次にこうして下さい。
     今、画面はこうですね。そしたらそこをクリックして下さい。次の画面はこうですね。
     まるでこちらの画面を見てるが如く、的確に指示くださいました。
     緊張しながら指示通りに進めていきましたら、やっと接続できました。
     フッー、ため息、よかったよかった!!

     それにしても、電話応対してくださった方 恐れ入りました。
     まさしく故障に関するプロです。感心しました。
     あれ程までに、ていねいに分かりやすく親切にかつ気長に指示くださるとは・・・
     頭が下がる思いでした。
     接続のことなどに精通されてるのは当たり前かもしれませんが、人としての応対
     ぶりに、その方のプロ意識を感じました。
     「ご親切にありがとうごさいました」 御礼を申し上げました。

     
     ところで 余談ですが。。。。。
     日本のフリーダイヤル0120、ほとんどが沖縄につながるそうですね。
     皆さんご存知でしたか。わたしは知りませんでした。
     東京の半分の人件費ですむから、沖縄だそうですよ。
     それと、アメリカのフリーダイヤル0180?大方インドにかかるそうです。
     10億の人が安い労働力で働くインド、そこに英語が堪能なインドの人々が増えて
     だから今はほぼインドにつながると、いうお話をつい最近聞きまして、びっくりしてる
     私です。フリーダイヤルは電話を受けて応対する訳ですから、東京や大阪の大都市
     でなくても、アメリカ本土でなくても、人件費の安い所でOK・・・納得できますが・・・
     
     それならば、あの親切な方は沖縄の方でしょうか?。。。。。

    たかこ
     
     
     
     
[PR]
by taaachan-55 | 2007-02-09 02:19 | 日記 | Comments(8)

  福ハ内 鬼ハ外

   昨日は節分でした。
    道理で古都の街は人人人・・・土曜日と重なって車も渋滞。
    京大農学部の近く、吉田神社の節分大祭は有名です。3日昨夜は火炉祭という
    古札焼納神事がありました(多分です。私は古いお札をまとめていましたが結局
    行ってませんから)
    節分は旧暦の立春前日、つまり昨日、春を迎える前に 鬼(邪気)を祓い、福を招く
    歳時ですが、最近はその年の恵方に向かって(ちなみに今年は北北西)太巻きを
    丸かじりするということも・・・この根拠についてはわかりませんが、だって以前には
    そんなことしてませんでしたよね。だからおすし屋さんが考えた事かなぁなんて・・・
    思うのですが、わかりません。
    豆まき、皆さんはされましたか?
    お豆さんには、邪気を祓うほどの霊力があると信じられてきたそうですよ。

    昨日、東京のユカちゃんがだるま寺節分祭にお参りのため京都入り、夕方に待ち合
    わせしまして1年半ぶりに会いました。
    ご主人のタイちゃんも一緒かと思ったら、仕事で翌日になったそうでユカちゃん一人。
    京のお台所、錦通りを歩きました。ここもまた人人人、お店で買ったものを歩きながら
    食べている人たちの多いこと。前に進みにくい人ごみを抜けて、目指すは友人ご夫婦
    がやっている食べ物やさん。
  
    6時すぎにお店に着き、カウンターに座ろうと・・・横を見ますとなんと友人のイクヨちゃん
    が生ビールをグイグイあけてましたぁ。「その後お元気?」挨拶して、ユカちゃんは生
    ビール、飲めない私は熱燗少々注文しました。と、その時、入り口の戸が開いて、そこ
    には これまた友人のみっちゃんファミリー、ご両親 お姉ちゃんご夫妻とお子達3人
    妹さんのショウコちゃんご夫妻が笑顔で入ってこられました。

    みなさんそれぞれに「久しぶり お元気でしたか?・・・」「はじめまして・・・」
    ユカちゃんは10年位前に、みっちゃんの人生の応援団をしてました。
    席を立ち、ユカちゃんとみっちゃんは手をとりあって偶然の再会を喜んでいました。
 
    しばらくして お店の常連で友人のシマさんも登場・・・マイカップで生ビールをグイッ。

    節分の昨日、お店のなかは賑やかに笑顔いっぱい 福いっぱい 盛り上がりました。
    勿論、美味しいお料理いっぱい おなかいっぱい・・・体重が気になる私は歩いて帰宅。

    福ハ内 鬼ハ外

   たかこ
[PR]
by taaachan-55 | 2007-02-04 12:34 | 日記 | Comments(8)

出逢い そして・・・「家族に乾杯」

  NHKTV 月曜日夜8時に放送される「家族に乾杯」という番組が好きで時々見ます。
   
   番組のテーマソングは、さだまさしさんの「バースディ」
   生まれてきてよかった♪♪ なにより元気でよかつた♪♪・・・確かこんな歌詞ですね。
   この曲を聴くと、ふわっとおだやかな優しい気持ちになります。

   笑福亭鶴瓶さんとゲストが、人や自然との出逢いを求めて旅にでます。
   (多分演出も何もない)ぶっつけ本番、訪れた土地の人たちと出逢っていきます。
   一つの出逢いからさまざまなドラマが展開します。そして又次なる家族との出逢いが
   生まれます。

   鶴瓶さんの、あの人なつこい笑顔と関西弁、そのしぐさが人の心を開かせるのでしょうか。
   どの人も、オープンであるがまま、かざりも気負いもなく自然体。
   いい顔されて生き生きしてます。
   人たちの 家族の ぬくもり、絆がすてきです。

   「~しなはれ」 「~おますか」 「よろしいんか」 「ごっついいやん」・・・・・
   おかまいなく どんどんその人の人生に入り込んでいかれます。
   でも、イヤ味がないんです。これってすごい事ですよね。

   関西弁の中でも、彼の言葉には こと更にマジックがあるように感じます。
   どなたさんも、彼を受け入れて許してしまいそうなマジック!!

   私もまた こんな素朴な笑顔の人たちとの出逢いが好きなんだわ とこの番組を
   見るたびに実感するのです。
   で、テーマソングのように「生まれてきてよかった」と思うのです。
 
  たかこ   
[PR]
by taaachan-55 | 2007-02-02 02:08 | 日記 | Comments(6)