「古都の呉服屋」セント オブ ジャバン

<   2012年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

やっと草取り完了~ぜに苔め!  今日はハロウィンらしい。

e0113504_21501078.jpg

e0113504_21501062.jpg

草取り半日以上かかりました。
二三日前、雨がふったからか草は抜きやすくてよかった。
けれど、あの「ぜに苔」め(`Δ´)
地面にビッシリへばり付きはびこる、したたか厄介である。
もうヤケクソ(`´)
地面ごと薄く剥がしてごみ袋にドサッドサッ!
5袋の雑草と枯葉。

いく種類のシダもぼうぼう繁って・・・
手ごわいったら(><;)
しゃがみこんで黙々。
あ、いかんいかん!!
腰にくるかも、
途中、コルセットでしっかりガードしましたわ。

何とか見られるようになった裏庭です。
おでこの汗をふきふき自業自得やわと~
日頃のサボりのつけでございます。ハイ!

お客様が来られる時に慌てて、まさに泥縄(;><)反省。


※今日はハロウィンだそうですね♪
若者にはすっかり定着した行事のようですが、オバサンには関係ない。

夕方からゆうは仮装し、近くのお友だちと集合し、あらかじめ決められたお宅を回るらしい。
ヘェ~そうなの♪
娘は、百均で調達したものに手を加え、ゆうがなりたい衣裳をそれらしく作ったとか。
ま、親子の関わりとしても楽しくてよろしいのではないの('-^*)ok

たかこ(^^)
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-31 21:50 | 日記 | Comments(0)

京都「万華鏡ミュージアム」&「四畳半」

e0113504_8271146.jpg

姉小路通りの亀末廣さんにお干菓子「京のよすが・四畳半」を買いに。
うっかりしてました。そう、日曜日は定休日でした。

大阪の妹はびっくりして、
「日曜日こそ開けるでしょ!?」
「それがね、あそこもここも有名処老舗はそうでもないのよ」


てな訳で、
じゃあ!せっかくだから同じ姉小路通りの数軒先
万華鏡ミュージアムへ、

すぐ近くなのに、いや、すぐ近くだから、
いつでも行ける。
と、前を通りながらもいつもの景色になり過ぎてた感、……
初めて足を入れました。

万華鏡を収集してる娘婿君の友人が関東から京都出張と聞けば、
是非とお勧めしながらね。

手に取って覗くので、荷物は入口でロッカーに預けます。

ステンドグラスなどで装飾され、アートとしての万華鏡となったのは、
まだ歴史は浅く40年位(だったかな?)
当時、アメリカで子供さんを事故で亡くした方が癒しのために作製した、そこからだと、ボランティアのご婦人が一つ一つ詳しく説明して下さいました。

その彼女は、以前に幼いお子さん連れてこのミュージアムにて催される手作り万華鏡体験教室に参加されたのがきっかけで、万華鏡の虜になられたそうです。
現在は、お仕事しながら、土日だけボランティアで来てます。と、その笑顔からもホンマに万華鏡が好きなんだろうな、
思い入れ伝わりましたよ。

こちらは一台約40万円、もっと高価なものもあります。って!!
細工は様々、綺麗です♪

オイル式とドライ式の2タイプあります。
乾式は、動かす度にサッサッ・ザッザッと微かに音が出ます♪
それも又面白いな♪
と、私は感じました。

鏡の不思議、キラキラ光に魅了され、小宇宙の世界をいつまでも覗き込んでいたい気分でした。
こうして書いていても千変万化に広がる形、鮮やかな色合いの不思議、美しさを思い出します。

同じパターンに出合うのは何百万の1もないそうです。
★今見ている形・光・色・同じものは二度と見れないのです★
感動です☆

万華鏡作家さんは、
こんなのを作りたい、その過程で、もう1つあの色を足して~こうして~と、思いを完成させていかれるそう、
ワアー!すごいなぁー、
お話を伺えば伺う程に感激しきりでした。

◆入場料300円、
京都に来られたら是非♪
光と鏡の不思議!?楽しいですよ。

◆中京区姉小路通り烏丸(東洞院)東入る
◆地下鉄「烏丸御池駅」下車徒歩3分
◆そのすぐ先は京都文化博物館です。
◆館内は撮影不可


※写真は、
ショップで二軒の孫と孫のお友だちに購入した恐竜の絵柄の万華鏡

たかこ(^^)
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-31 08:27 | 京都 | Comments(2)

唸る美味しさ!!

e0113504_1524770.jpg

e0113504_1524734.jpg

e0113504_1524738.jpg

e0113504_1524720.jpg

e0113504_1524752.jpg

御所西、烏丸通りのくずし懐石「縁」さん。

のれんの「ねこや」はあの羊羮の虎屋さんの隣だから。と、変わらず茶目っ気のご主人様。

マックス8~9人のカウンター席のみ。
こじんまりしてそれが又よろし。
ちなみに予約のみ。


☆久しぶりでした。
その間には色々ありました。お互いに。


「何事も手間暇かけてこそです」と、おっしゃる。まさしく!

お料理も一手間も二手間も~の、こだわりも変わらず。

ゆべしも自家製、柚子をお味噌に浸けて干して~~半年がかりのお手間入り。
ほのかな柚子の香り。

コース全て絶品。
上品なお味にいちいち「おいしい美味しい」
唸りながら、話もはずみました。
帰りしな3時間もお邪魔していたことに気付く始末。
美味しい・楽しい時間は瞬く間です。


雨上がりの秋の夜道をふくよかな気持ちで歩いて帰宅しました。

たかこ(^^
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-30 01:52 | 美味 | Comments(4)

夫婦揃っての誕生日

母の誕生日でした。
父の誕生日も数日後です。

両親の誕生日、
今までは1年経てば又同じように廻ってくるもの、、、
それはごく当たり前のことだと考えてました。

が、
1日1日がとても貴重でその何気ない日々の繰返しが、何にも増して宝であると実感した今年の誕生日です。

【88歳を夫婦揃って迎えられる】

病院や施設ではなく自宅でまあまあ元気に二人で仲良く暮らしていること、
揃って誕生日を迎えられることが~
実はたいそうめでたいことではないか!!
如何に有り難いことかと!!
誕生日のメッセージを書きながらしみじみ思いました。


現役時代は、
ただひたすらに真面目に懸命に働き、

定年後は、
家庭菜園で作った新鮮な野菜を食べ、
食生活に気をくばり、沢山のお花を育て愛で、
趣味を生き甲斐にし、ボランティアで地域に社会貢献もし、
運動も心がけ、

つましくまっすぐに


そうして生きてきた証しではないか!! と、私も見習いたいけれど    ・
    ・
    ・

その思いを手紙に書き、プレゼントを送りました。


☆おめでとう(*^▽^)/*♪☆
そして
☆ありがとう(*^∇゜)☆


来年も夫婦揃って元気に誕生日を迎えられますように。


たかこ(^^)
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-30 01:38 | 家族 | Comments(4)

ルームクリーニング

今朝8時半から5時半過ぎまで、お掃除屋さんに来て頂きました。
窓ガラスが多くて高くて私では手に負えない、ずっーと気になってました。

真面目な方で誠実なお仕事、しかも格安にて、本当に有り難いです。
お世話になりました。

来週末にはお客様です。
すっきりして気持ち良くお迎え出来ます。

ただ、うちのブラインドは細いタイプなのですぐに折れて歪む可能性がある。
一旦取り外して木の板の上に固定して洗わないといけない、今日は時間的に無理とのことでした。

私が注意しながら雑巾で拭くしかありません。
そう言えば以前にお願いしてた方も、ブラインドは一人では難しいと言っておられたのを思い出しました。

おやつもそこそこに頑張って下さったのですが残念、時間切れです。
まだ窓の一部は残っています。
又次回にです。
しかし、格安にしておられるからでしょ。当分日程取れないそうです。

たかこ(^^
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-26 23:46 | 日記 | Comments(2)

荷造り&荷ほどきの人生やわ♪

e0113504_094841.jpg

♪庭のほととぎすが満開に咲いてました♪

今朝は目が覚めたら8時(*_*)
目覚ましをセットしてるのに気がつかないなんて、やはり疲れてたのかしら…

今日はたまった用事を自転車でアタフタ走り回り、
途中でいかんいかん!と深呼吸しました。

仏花を買い仏壇に飾り、孫の七五三など諸々を義父母に報告してたら何でか涙がにじみました。
生きていたら成長を喜んでくれたでしょう。**********

昨日、多賀城市の宅急便まで婿君が運んでくれた5個の荷物が届きました。
指定された集荷の時間に娘一家は不在なのでどうしよう!?と思案してたら、
即座に「私が今すぐ運びます」
重いケースをありがとうね。
こんなこともイヤな顔もせずに進んでやってくれるお婿さん。
ホンマに有り難くて~
最後には思いがけないプレゼントを
「長い間、特に私が留守中は大変お世話になりました」と正座して渡してくれました…。
「真面目、律儀」が歩いているような人です。
私は胸一杯、ことばに詰まりました。泣きました。

一人では生きられない、
些細なことでも支えてくれる家族友人が居てくれることに感謝です(涙)
**********

5個も!!送料も8000円少々、バカになりません…
呉服のロングケースが2個、
お土産物と雑貨が1個、
私の着替え類が1個、赤ちゃんのお古とマタニティー衣類が1個(東京の友人のお孫さんが冬に生まれます。お互いにグルグル使い回し、エコです)
**********

つくづく思いますわ。私の人生、荷造りと荷ほどきの繰り返しだわと(苦笑)

呉服の仕事も、
着物帯をケースに入れて移動、荷ほどきして展示会、そして又梱包して移動~~の繰返し。

だから、荷造りはキレイに早く出来ると自負してまあす。
力もありますわ。
なんせ呉服を詰めると重い。
だから、腱鞘炎にもなり手術もしましたが。


着物は雅やかで美しい。
ですが、裏方は「美」とは程遠い力仕事なんですの。
問屋さんの社員さんは腰痛持ちの方多いです。
「僕らは荷造り屋そして運送屋ですわ」
自嘲気味に若い社員さんが呟いてたことを思い出します。


(私も自嘲気味に)荷造り荷ほどきの話でした。
あ、感謝の話も、これが一番言いたかったのでした。
脱線しました(^_-)


たかこ(^^
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-26 00:09 | 日記 | Comments(4)

紅葉の写メと新米が届きました。

e0113504_23475725.jpg

綺麗な紅葉と白樺は志賀高原の蓮池だそうです。
京都の友人が昨日急に思い立ち、午後3時から紅葉を見に出掛けた、私の帰宅がもう少し早かったら一緒に来たかったと皆で話してます。と写メが届きました。

92歳のお姑さんを連れ出して、車椅子と杖持参で介助しながら~ご夫婦で親孝行の旅です。
今日は快晴で紅葉に感動、とても喜んでおられるそうです。
来年はおそらく無理になるから今のうちにと、即行動されるご一家です。


留守中に宅配便の不在通知が入ってました。
友人の作られた新米でした。
お手紙には「又京都へ遊びに行きます」と。
どうぞどうぞ お待ちしてますよ。


離れていても、思い出して下さる友人達、

素直になれなくて、ささくれ立った気持ちになることも…
チクチク痛いトゲが取れてやさしくなれる気がします。
ありがとうございます。

たかこ(^^

追記:あれ?写真横向きですね。なんでだろう?
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-25 23:47 | 日記 | Comments(0)

京都は寒ーい。新幹線で読んだ本。

e0113504_00559.jpg

又々予定より遅れてしまい、本日帰宅しました。
出発間際にもう一泊して明日朝帰ったらと娘は言うけれど……
やることが山ほどだし、いづれにしても別れはあとを引くからね。多賀城駅前でサヨナラ、しんみり(;_;)

3時過ぎに出て、16:13仙台発に乗車、家に着いたのは9時半。遠いわー。

人気のない部屋はより寒く感じます。
ストーブ出したい位冷えてます。
深まりゆく秋です。

**********

新幹線で読んだ文庫本
【人間、60歳からが一番おもしろい!
この「ぜいたく時間」の過ごし方】

視座見方を変えたら、自由に好きなように生きられる~~
60歳はとうに超えてますが、
フムフム!そうそう!
気楽に読める本、
当たり前のことが出来とらん!分かっとらん!と痛感した次第。
実践あるのみ。


たかこ(^^
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-25 00:00 | 日記 | Comments(2)

七五三・塩竈神社

e0113504_16105.jpg

e0113504_16107.jpg

e0113504_161074.jpg

e0113504_16101.jpg

10月21日(日)塩竈神社へゆうの五歳詣りに行ってまいりました。

正座し神妙な表情で二礼二拍一礼、
お祓いを受け、祈祷して頂きました。
最後に神主さんが「祝七五三詣」の金メダルをかけて下さり、
思いがけないメダル授与に、はにかみながらもそれは嬉しそうにしてました。


(絵馬・お守り・千歳飴・ぬりえ帳・ご祈祷一式で5000円から~だそうです。)


絵馬には
★☆きょうりゅうはかせになりたい。☆★
と書いてました。

やっぱりねぇ~
皆で顔を見合わせてウフフ…
まだまだブームは「恐竜」
寝ても覚めても「恐竜恐竜」
本人曰く
【ジュラシックパークのことで頭一杯】だそう((o(^∇^)o))


その絵馬を、一番上に吊るしてとのご所望で、
お父さん爪先立ちで納めてはりました。

帰宅した玄関では、家族4人の草履をきちんと出船の形に並べてはるではありませんか!?

「神様が見てるから揃えてるんだ」ですって!!

ハハハ(≡^∇^≡)
即!お詣りの成果ありや…
今日だけでなくて継続して下さいな。


と言う、めでたい特別なハレの日は、
暑からず寒からずのおだやかな秋晴れでした。
佳き一日、無事に終わりました。


【神さま、こんなに大きくなりました。ありがとうございます。
これからも見守って下さい】

娘が「お詣りの時のご挨拶だよ」と教えた通り↑の文言を唱え、
一応まじめに手を合わせてました。


元気であればそれが一番、
私も、これまでに感謝し、
これからの健やかな成長を祈りました。


たかこ(^^)
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-24 01:06 | 家族 | Comments(4)

塩釜・埠頭の夕陽を眺めて

e0113504_531063.jpg

久し振りに貞山埠頭に行ってみました。
大震災の地割れや陥没で立ち入り禁止になっていた埠頭の復旧工事はまだ続いてました。

津波が押し寄せて枯れたままの並木も、
半壊?で建物の中は空洞だった巨大な倉庫も撤去されてました。
山積みされた車だけの瓦礫、
その膨大な量を見る度に切なくてかなしくて~~
この瓦礫の山も半分以下になってました。

金網が張られた跡地は、広々としてさえぎるものが無くなり塩釜港も見渡せます。
その前の海では糸を垂れた釣り人が数名、皆さん無言です。無心なんでしょうねー
波もなく静かな塩釜の海です。

ふと見た車のバックミラー、そこには真っ赤な夕日。
あまりに美しくて、車を降りて夕日の方向、金網の前まで進みました。

ゆうと二人、暫く眺めたその直後~~
唐突に見知らぬ釣りのおじいさんに、
「ヒラメが釣れますか?」
ギョッ(@_@。ギョッ(;゜∇゜)
(ヒラメ釣れる訳ないでしょ!!よ、私心の声)

「そんな良いのは釣れんよ」
やさしい口調で応えてくれました。


そしてまた夕日に向かって私と手をつないで歩きながらゆうは、
「たあちゃん、見て見て太陽もう半分になっているよ、はやいねぇー」

最近の宮城の日没は5時前、京都よりうんと早いです。
夕陽が瞬く間に落ちていく様子を体験し実感した4才君の言葉です。

※宮城へ越して来て、津波の跡も瓦礫の山も、その片付く様も、目の辺りにしてきた3~4才の1年半、
何もない津波の跡地、埠頭で、秋の夕陽を眺めた今日の日のことも含めて、ゆうにはどこまで記憶に残るかは分からないけれど…………

震災後、娘一家が被災地に転勤になったこともきっと何かしら意味があるのかも知れないなと又々思った塩釜の夕暮れでした。

たかこ(^^
[PR]
by taaachan-55 | 2012-10-23 05:03 | 旅 お出かけ | Comments(2)